Top >  台湾でのアクティビティ >  台湾の温泉巡り

台湾の温泉巡り

台湾は日本と同様に環太平洋火山帯にあり、温泉が100箇所以上ある温泉王国です。最初に台湾の北投で温泉を発見したのはドイツ人でした。発見当初はさほど利用されることもありませんでしたが、日本の統治下になってから、日本人の平田源吾が北投に台湾で初めての「天狗庵」という温泉旅館を営みだしました。日本の統治時代には、日本の温泉文化が台湾に大きな影響を及ぼし、北投や陽明山、関子嶺、四重渓は温泉ブームで随分賑わったらしいです。

しかし第2次大戦後、日本の統治が終わった後には、こうした温泉は急速に衰退するのですが、近年、再び台湾各地に温泉ブームが沸き起こり、多くの台湾人観光客が訪れるようになり、新たに温泉を開発利用する動きが推進されてきました。従来の伝統的な温泉入浴に加えて新たな健康志向が高まって、温泉プールや温泉サウナ、温泉マッサージ、温泉フィットネスなど多種多様な設備が充実した施設も各地の温泉に出来てきました。

台湾の温泉は自然環境の豊かな山里にあることが多く、都会の喧騒から逃れて大自然の中に身を委ね、のんびり温泉につかるのも台湾旅行の醍醐味です。忙しい旅行日程の場合には日帰りも良いですし、時間があれば宿泊してゆっくり旅の疲れを癒すのも良いですし、数ある温泉の中からニーズにあったところを選んで楽しみましょう。なお、台湾の温泉は、日本とは入浴に関する文化が異なり、台湾人が人前で裸を晒すようなことはありません。殆どの温泉では水着着用となりますので、日本の温泉と同じように裸で入るようなことは避けましょう。

台湾でのアクティビティ

ゴルフ天国と呼ばれる台湾でのゴルフの概要や利用の仕方、日本のゴルフ場施設や制度との違い、コースの様子などについて紹介しています。台湾は日本と同じ環太平洋火山帯にあり、100箇所以上の温泉がある温泉天国でもあり、各地の温泉についても紹介しています。また、台湾の主な都市には夜市があり、地元の人のみならず観光客にとっても滞在中の楽しみのひとつになっています。

関連エントリー