Top >  台北観光名所ガイド >  その他の博物館

その他の博物館

袖珍博物館
世界有数のミニチュアコレクションを保有すると言われている私設の博物館で、館長が個人的に蒐集した欧米現代作家の作品を中心としたコレクションを公開しています。ミニチュア博物館のコレクションには大きく分けて2つあり、1つは家ごと小さくしたような「ドールハウス」、もう1つは部屋を小さくしたもので「ルームハウス」と呼ばれています。この博物館では主にドールハウスをコレクションしており、その精巧な作りには驚かされます。MRT忠孝新生駅からタクシーで5分。

順益台湾原住民博物館
国立故宮博物院の斜め向かいに少し変わった建物がありますが、そこが台湾先住民に関する工芸品などを集めた順益台湾原住民博物館です。先住民が日常生活の中で生み出した生活用具や狩猟具、工芸品、祭事具など約1000点が展示されており、往時の彼らの生活が偲ばれます。特にタイヤル族とパイワン族に関する展示品が多く、ビデオやパソコンなどを使った説明や日本語のパンフレットも用意されています。至善路二段282号、MRT士林駅からタクシーで15分。

坪林茶業博物館
北宜公路の山道を1時間ほど車で登ったところが坪林郷で、台北県と宜蘭県の県境近くになります。坪林茶業博物館はその坪林郷にあり、周りを険しい山々に囲まれており、豊かな自然と良質の自然水に恵まれた環境にあります。この坪林郷でとれる茶葉は世界的に有名で、国内外から良質の茶葉を求めて多くの人々が訪れる土地でもあります。館内では、茶の歴史や茶事、茶芸を紹介しており、茶具の展示や茶に関する書物、絵画などもあります。また、茶葉の品定めができる茶芸館も併設されており、お茶の試飲もできます。MRT動物園駅もしくは新店駅からタクシーで1時間。

台北観光名所ガイド

台北は台湾の歴史を伝える名所や旧跡・史跡の豊富な都市です。世界4大美術館のひとつに入る故宮博物院をはじめ、様々なミュージアムがあります。また、映画の盛んな国柄を反映して映画関係の施設も充実しています。都心部から少し離れると自然の豊かな町もあり、その代表的なところも紹介しています。

関連エントリー