Top >  台北観光名所ガイド >  その他の観光名所

その他の観光名所

龍山寺
1738年に建立された台北で最も古い仏教寺で、本尊が祀られている正殿、そして正殿を取り囲む形で前殿、東西の鐘楼、鼓楼、後殿が並ぶ中国南方の宮殿式構造となっています。正殿には観音菩薩や数々の仏様が祀られているのですが、後殿には三国志の関羽帝や天上聖母のような道教の神々も祀られています。神仏混合というか、神仏すべて揃って願いや悩みを行きいてくれるということで、参拝の足は途絶えることのないお寺です。「運命の赤い糸」というのは聞いたことがあるでしょうが、ここ龍山寺では参拝後に「男女を結びつける運命の赤い糸」をお守りとしていただくことができます。MRT龍山寺駅徒歩3分

孔子廟
中国や台湾の主な都市にはほぼどこにでも孔子廟があり、学問の神として崇められています。台湾で一番の孔子廟と言うと、台北の孔子廟と台南の孔子廟のどちらなのかは地元の人々でも意見が分かれているほど、どちらも荘厳で立派な廟です。この台北の孔子廟は、現在は台北市直轄となっており、毎年政府主催の祭事が開催されます。「孔子節」では、いにしえの中国宮廷衣装に身を包んだ人々が伝統音楽と舞踊を奉納する様はとても美しいものです。MR圓山駅から徒歩5分。

ジューフェン
台北の北東にある基隆から少し山に入った小さな町で、路地裏にはレトロな石造りの家が続き、まるで戦前の静かな郊外の町に迷い込んだような感じがします。映画のロケに使われることもしばしばで、「悲情城市」や「無言的山」もここでロケが行われました。また、日本のアニメ「千と千尋の神隠し」の街並みを描く参考にもなった町です。町の中心街の基山街では、通りの両側に土産物や小吃店が立ち並び、落ち着いた佇まいの茶芸館も点在しています。台鉄の瑞芳駅からタクシーで10分

淡水
台北市から北西に約40Kmのところにあり、 気軽に行ける日帰りスポットとして地元の人にも人気の港町です。台湾のヴェネツィアとも形容されるように水辺の美しさは一際で、特に夕暮れの景色は圧巻です。かつてスペイン人が作ったと言われるレンガ造りの紅毛城までの散策も気持ちよく、リーズナブルな海鮮料理も名物となっていますし、洒落たカフェも点在していてのんびり寛げる町です。MRT淡水駅からすぐ。

台北観光名所ガイド

台北は台湾の歴史を伝える名所や旧跡・史跡の豊富な都市です。世界4大美術館のひとつに入る故宮博物院をはじめ、様々なミュージアムがあります。また、映画の盛んな国柄を反映して映画関係の施設も充実しています。都心部から少し離れると自然の豊かな町もあり、その代表的なところも紹介しています。

関連エントリー