Top >  台北エリアガイド >  忠孝東路と敦化南路

忠孝東路と敦化南路

別名頂好新区とも呼ばれるこのエリアは、同じ繁華街でも西門辺りとは対照的で、いま台湾で最も洒落たモダンなエリアと呼ばれています。太平洋そごうデパートやワーナービレッジ、台北世界貿易中心(世界貿易センター)などが続き、いまもまだ開発が著しい新しい地域です。特に、忠孝東路では、デザイナーズブランドのブティックや洒落たレストラン、ライブハウス、パブ、高級マンションなどが立ち並ぶ流行の最先端エリアとなっています。

通りを行き交う人々もセンスの良い人が多く、また夕方になるとこの界隈には曜日に関係なく洒落たヤングアダルトが数多く集り出しますから、中途半端な服装ではかえって目立ってしまうほどです。日本の青山にもある香港の有名スイーツの「糖朝」もさり気なくあって、やはりお洒落な街なのだと実感します。華やかな表通りを横に折れて裏道に入ると、古いマンションの1階をリニュアルした渋いお店が続きます。この界隈は、台湾の最新流行のファッションやトレンドを知るには絶好のエリアですね。

また、この界隈の東には、孫文の生誕百周年を記念して建設された国父記念館もありますし、やや離れますが北東の松山エリアには台北第2の規模の饒河街観光夜市もあります。饒河街観光夜市は、八徳路と松山路の交差点に位置する台湾らしい庶民の憩いの場として名高い夜市です。名物の臭豆腐屋さんや漢方煮込みの薬膳鍋屋台が数多く並んでいるのが特徴で、甘泉豆花(豆腐プリン)の老舗や行列のできる「胡椒餅屋」というこの夜市ならではのお店もあります。なお、饒河街観光夜市は「松山夜市」と呼ばれることもあります。

台北エリアガイド

台北站周辺に広がる繁華街や官庁街の様子、 古くから発達してきた華西街や若者に人気の西門周辺、忠孝東路と敦化南路のお洒落な街の様子、清朝時代から集積地として発展してきた古い町並みの残る迪化街、台北一の繁華街であり情報発信基地でもある中山北路、その他の主な地域についても紹介しています。

関連エントリー